a0002_005726
地方公務員である消防士の年収はどれくらいのものなんでしょうか。

やはり民間企業よりも高いのではないかという予想をされる方も多いかと思います。

消防士と結婚したい女性の中には、そういった年収の面でも安心感があるという理由で消防士の相手を希望している場合もあるようです。

ですから、本当に消防士と結婚したいと考えている女性にとっては、この年収の情報はとても重要になってきますよね。

それでは早速見ていきましょう。

消防士の平均年収をチェック!

banknote-15801_640
20代の消防士・・・年収420万円

30代の消防士・・・年収600万円

40代の消防士・・・年収720万円

50代の消防士・・・年収800万円

このように、消防士の年収は民間企業の会社員などと比べるとかなり高水準であると言えますね。

平均すると消防士の年収は718万円になりますが、これは民間企業の平均年収409万円を大きく上回る数字となっています。

これだけ安定した大きな収入があると、やはり世の女性たちもぜひ消防士と結婚したいと思いますよね。

なぜ消防士の年収は高いの?

20140414155553-97S - コピー
消防士の平均年収が高いのは、公務員であることも理由の一つですが、そのほかに消防士ならではの特殊勤務手当と呼ばれる手当が大きく影響しているそうなんです。

例えば、

・消防業務手当
・不快作業手当
・非常災害業務手当
・危険作業手当
・重勤務作業手当

このような手当があります。

確かに、一般的な職業よりも格段に危険を伴う業務に携わることになりますし、進んでやりたいとは思えない作業も現場ではたくさんこなさなければいけません。

当然、緊急の場合はすぐに現場に駆けつける必要がありますので、夜勤だってあります。

手当がもらえるとはいえ、体にはどうしても負担がかかる業務になります。

そうなると、一見高給取りのように見えますが、ふたを開けてみるとそれ相応の仕事であるということが諸手当の内容からも伝わってきます。

消防士と結婚したいのであれば、この年収の裏にある意味をきちんと理解しておく必要があります。

肉体的にも精神的にもハードな業務ですから、自宅ではそんな疲れ切った旦那の気持ちを察して気遣いやサポートをできる女性こそが、消防士と結婚するにふさわしい人物であると言えます。

消防士の年収は、役職によって変わる

SAYA072160011_TP_V
先ほど一覧でまとめた消防士の年収はあくまでも平均ですから、当然これよりも年収が低い人もいれば高い人もいます。

同じ消防士で同じ年代であっても年収が違う大きな理由は、ズバリ役職の違いです。

会社員と同じように消防士にも役職制度があり、試験などに合格すれば昇級できるシステムがあります。

ですから同じ消防士であっても、出世している人の王が当然年収も高いのです。

また、高卒よりも大卒の消防士の方が、初任給が高いので年収も高くなる傾向があるようです。

【必見!】消防士と結婚できた私の婚活方法を大公開☆